ウィッグの紅茶染め

Leekeさんのウィッグ、“milk”という色を買ってみたら本当にまっ白で、おばあさんみたいになってしまいました。(型はL-052_Dです。)
そこで、紅茶染めに挑戦。
うっすらピンクのグラデで、好みの色になりました!
まつ毛もつけて、グラスアイ(12mm)に変えたので一枚。
c0080538_20152818.jpg

……まだユノアさんをかわいく撮ることができません。
巨乳パーツ(笑)も買ったので、そのうち「成長」する予定です。

*ウィッグの紅茶染め(自己流ですので何か間違ってるかもしれません。)
1. ウィッグがちょうどひたひたにつかるくらいのお湯を鍋で沸かす。
2. 紅茶のティーバッグ(飲んだ後の出がらしでOK)を4つほど投入して煮出す。定着剤として、お酢を大さじ1杯ほど入れる。
3. 少し冷めたところでウィッグをつける。(耐熱ウィッグの適温は70℃です。)
4. 15分ほどつけおいて、取り出して水洗い。
5. 柔軟材でリンスする。
6. 型崩れしないように詰め物をして、立てて乾燥させる。

つけ置き時間やティーバッグの量で、色の調節ができそうです。



web拍手を送る

[PR]
by TinyFranny | 2008-04-14 20:28 | U-NOA
<< ねんどろいど 初音ミク 窓際にウサギ娘 >>